グーグルが新しいインデックスのバグを調査中 – 今回はグーグルニュース

グーグル 、今度はグーグルニュースのコンテンツに関して、さらにもう一つの索引付けのバグを調査していると述べた

先週の索引付けのバグとは無関係です。グーグルによれば、この新しいバグは特定のグーグルニュース出版社に影響を与えるだけである。

出版社は昨年11月に Googleニュースで発見した問題を思い出すかもしれません。そこでは、出版社のコンテンツは関連するクエリで索引付けされていませんでした。現在、この新しいインデックス作成のバグが関連しているかどうかは不明です。

売り上げアップするならホームページ制作で長崎市

少数の出版社に索引を付ける。グーグルは、この新しい索引付けのバグは「限られた数の出版社」にのみ影響を与えると述べた。

今調査中です。グーグルはまた、彼らが現在問題を調査しており、彼らがより多くを知ったときに報告すると付け加えた。 「私たちは現在、ニュースの問題を積極的に診断しています」とGoogleは書いています。

なぜ私たちは気にする必要があります。 Googleニュースにコンテンツを公開している場合は、このインデックス作成のバグの影響を受ける可能性があるため、そうでない場合は他の場所でコンテンツを利用できるようにするための対策を講じる必要があります。

Googleはこの問題の解決に取り組んでいます – しかし、それまでは見張りをしていきます。


著者について

Barry Schwartzは、Search Engine Landのニュース編集者で、ニューヨークを拠点とするWebコンサルティング会社RustyBrickを所有しています。また、SEMのトピックに関する人気のある検索ブログ、 Search Engine Roundtableも運営しています。