Googleサイトコマンドのバグを修正

Googleは、検索結果を特定のドメイン名に制限するために使用されるコマンドであるサイトコマンドの修正に取り組んでいます。グーグルは、 「ウェブサイトの一部またはすべてのインデックスに登録されたページを表示できない可能性があるsite:コマンドの問題を認識しています。この問題および潜在的に関連する問題を調査しています。」

発表。 Google Search Liaisonアカウントからのお知らせは次のとおりです。

インデックス作成の問題の可能性があります。午前11時30分ごろ、一部のSEOはGoogleにインデックス付けの問題があるかどうかをGoogleに尋ねていました。 Googleはこれらの質問にはまだ回答していませんが、サイトコマンドに関するこの通知を投稿しました。グーグルは「これと潜在的に関連する問題を調査している」と述べた。

本日初めのVlad Rappoportからの問題は次のとおりです。

問題は解決されました。午後3時25分、Googleは問題が解決したと述べました。これがグーグルの発言です。

なぜ気にするのか。多くの場合、SEOは特定のタイプのSEOの問題をデバッグするためにサイトコマンドを使用します。私と同じように、検索者はしばしばsiteコマンドを使用して特定のサイトのコンテンツを見つけます。 SEO、デバッグ、または検索の目的でsiteコマンドを使用している場合、現時点では期待どおりに機能しないことに注意してください。


著者について

Barry Schwartzは、Search Engine Landの寄稿編集者であり、SMXイベントのプログラミングチームのメンバーです。彼はニューヨークを拠点とするウェブコンサルティング会社のRustyBrickを所有しています。また、非常に高度なSEMトピックに関する人気のある検索ブログであるSearch Engine Roundtableも運営しています。バリーの個人ブログの名前はカートゥーンバリーで 、ツイッターでフォローできます。