Bingはrel = sponsoredおよびrel = ugcをサポートしています

更新されたBingウェブマスターガイドラインで見つかった新しい一言は、Bingがリンクのrel =” sponsored”およびrel =” ugc”属性をサポートするようになったことです。これは、Bingがrel =” nofollow”リンク属性をサポートすることに加えて、10年以上前に導入されて以来サポートされていることを知っています。

新しいリンク属性。これら2つの新しいリンク属性は、 昨年9月に Googleによって導入されました。これらは、これらの属性の処理方法です。 Bingはガイドラインに「サイト上の有料リンクまたは広告リンクがrel =” nofollow”またはrel =” sponsored”またはrel =” ugc”属性を使用してリンクがクローラーに追従されないようにするための合理的な努力を払う」と書いています。検索のランキングに影響を与える可能性があります。」

rel="sponsored" :新しいスポンサー属性は、広告、スポンサーシップ、またはその他の報酬契約の一部として作成されたサイト上のリンクを識別するために使用できます。

売り上げアップするならホームページ制作で長崎市

rel="ugc"ugc属性値は、コメントやフォーラム投稿など、ユーザーが生成したコンテンツ内のリンクに推奨されます。

Bingのスポークスパーソンは、これらのリンク属性が必ずしもディレクティブではなくヒントとして扱われることをSearch Engine Landで確認しました。したがって、技術的には、Bingは必要と判断した場合でもこれらのリンクをたどることを決定できます。私たちは、relが後援する属性とrel ugc属性はBingによって監視されており、「Bingのシグナルほど強くない」と語っていました。これは、時間の経過とともに採用率に基づいて変化する可能性があります。

なぜ気にするのか。これは、これらの属性をサイトに追加することを決定した場合、Bingもこれらを考慮に入れることを意味します。 Bingのガイドラインによると、rel =” nofollow”またはrel =” sponsored”またはrel =” ugc”属性の3つすべてを使用して、「クローラーがリンクをたどらないようにし、検索ランキングに影響を与えるのを防ぐ」ことができます。


著者について

Barry Schwartzは、Search Engine Landの寄稿編集者であり、SMXイベントのプログラミングチームのメンバーです。彼はニューヨークを拠点とするウェブコンサルティング会社のRustyBrickを所有しています。また、非常に高度なSEMトピックに関する人気のある検索ブログであるSearch Engine Roundtableも運営しています。バリーの個人ブログの名前はカートゥーンバリーで 、彼はTwitterでフォローできます。