あなたが知る必要がある2019年の検索エンジン特許

Go Fish DigitalのSEOリサーチディレクターであるビル・スロースキーは、 2019年から知っておくべき検索エンジン特許のトップ10のリストを公開しました。特許のリストは、Googleニュース、ローカル検索ナレッジグラフなどを含むさまざまな検索分野に関係しており、Googleが検索結果の生成に使用している技術、または将来使用する可能性のある技術を紹介しています。

知識ベースの特許。リストの大部分は、Slawskiが知識ベースの特許として分類するものに関係しています。

興味深い例の1つは、クエリと予測をサポートするユーザー固有の知識グラフに関する特許です。昨年、 Googleは 、検索結果のランキング内で「検索のパーソナライズはほとんど行わていない」 と述べました。元の特許は2013年に提出されましたが 、個人知識グラフに関するGoogleの最近のホワイトペーパーは、同じ点の多くに触れています。

売り上げアップするならホームページ制作で長崎市

ローカル検索ベースの特許。ローカル検索ランキングに影響を与えるために現地企業への直接訪問からの質の高い訪問スコアを使用するGoogleの特許は、2015年に申請されましたが、2019年7月に付与されました。

このような質の高い訪問スコアの使用は、Googleの広告および分析サポートページの1つで言及されており、同社は最も訪問した企業にデジタルおよび物理バッジを授与し、 地元のお気に入りとして指定する可能性があると述べた、とSlawski氏は述べた。

検索ベースの特許。 Slawskiはまた、Googleの自動クエリパターン生成特許を強調しました。これは、クエリパターンを評価し、本質的に情報、ナビゲーション、トランザクションのいずれであるかを超えて、検索の意図に関する詳細情報を抽出しようとします。

「Googleはクエリログ情報とナレッジグラフ情報を組み合わせて、人々が何を検索するかを学習し、そのような質問を予測します」とSlawskiは投稿で次のように書いています。 、ナレッジグラフを使用して質問に答えます。」

なぜ私たちは気にしますか。もちろん、企業が特許を所有しているからといって、それが現在、または今後実施されることを意味するわけではありません。しかし、Googleの特許に目を向けることは、同社が検索を運営している場所と、検索の進化についてどのように考えているかについて興味深い視点を提供できます。

2019年以降の検索エンジン特許の全リストについては、 Slaw by the Seaの Slawskiの元の投稿を参照してください


著者について

George Nguyenは、Third Door Mediaのアソシエイトエディターです。彼のバックグラウンドは、コンテンツマーケティング、ジャーナリズム、およびストーリーテリングです。