GeniusはGoogleとLyricFindを5000万ドル以上の損害賠償で提訴

Genius Media Groupは、ニューヨーク州裁判所で数億件の損害賠償と差し止めによる救済を求めてGoogleとLyricFind訴えています 。中心的な主張は、GoogleがGeniusが直接またはGoogleのライセンスパートナーLyricFindを通じてWebサイトに投稿した歌詞を流用したことです。

私たちはそれらを赤字で捕まえました。」天才は、これがおよそ2016年以来起こっていると主張しますが、コピーと横領の主張はもともと6月に表面化しました。 Geniusは、曲中のクォートマークとストレートクォーテーションマーク、およびアポストロフィを交互に使用する「透かし」スキームによってGoogleをキャッチしたと主張しています。同社は、モールス符号に変換されたマークは「赤字」と綴られていると言っています。

申し立てが最初に公開されたとき、Google は歌詞のためにサイトをクロールせず 、それらをライセンスしていると言った。それが帰属を提供し、約束したと述べ、「その業界のベストプラクティス以下の[そのライセンスパートナーがある]を確認するために、問題を調査する。」天才によると、同社含む歌詞の「1,000以上の例がある透かし#2を 、Googleの情報では、これらの例のうち828個を含むボックスは、今週現在も残っています。」

売り上げアップするならホームページ制作で長崎市

不正競争を含む複数の請求。 Geniusは、ニューヨークおよびカリフォルニア州の法律に基づく契約違反、補償、不当な濃縮、および不公正な競争のためにLyricFindおよびGoogleを訴えました。金銭的損害に加えて、Geniusは歌詞のコピーを禁止する永続的な差し止め命令を望んでいます。

Geniusはまた、Googleのインフォボックスに歌詞が表示されると、トラフィックに劇的な悪影響を及ぼし、広告収入とライセンス収入に悪影響を及ぼしたとも述べています。これは、いわゆる「 ゼロクリック結果 」を取り巻く大きな論争の一部です。

なぜ気にする必要があるのか​​。 Geniusは歌詞の著作権を所有していないため、著作権の主張はありません。ウェブサイトをスクレイピングすること自体が違法ではないということもあります。 Googleがメリットを勝ち取るか、そうでない場合はLyricFindによる補償を受ける権利があります。現時点で訴訟の和解の可能性がどのようなものであるかは不明です。

Googleの主な頭痛は、訴訟や潜在的な露出ではありません。それはPRの放射性降下物です。この事件は、会社がその地位を濫用し、サードパーティのウェブサイトに行くべきトラフィックを流用または流用していると主張するGoogle批評家の苦境を浮き彫りにしている。これは、会社に対するさまざまなEUの独占禁止法の主張の中心にあり、会社に対する米国の規制の機運高める可能性があります。


著者について

Greg Sterlingは、Search Engine Landの寄稿編集者です。彼は、デジタル商取引とオフライン商取引の関係について書いています。彼は以前、LSA、The Kelsey Group、TechTVで指導的役割を果たしました。 Twitterでフォローするか、 LinkedInで見つけてください。