Google Search Consoleは自動DNS検証を追加します

Google 、サイト所有者が新しい方法である自動DNS検証でGoogle Search Consoleを使用してWebサイトを検証できるようになったことを発表しました。これは、いくつかのドメインネームサービスプロバイダーで機能し、Google Search Console内でウェブサイトを確認するプロセスを簡素化するのに役立ちます。

自動DNS検証。 Googleは、同社が「検証フローの一部を自動化するためにさまざまなドメイン名レジストラと協力している」と述べました。 Googleが言いました。これにより、検証プロセスが非常に簡単になります。

使い方。新しいフローを使用してドメインを確認するには、プロパティセレクターから[プロパティを追加]をクリックします(Search Consoleサイドバーの上部にあるドロップダウン)。次に、「ドメイン」オプションを選択します。システムは、変更を適用する必要があるレジストラサイトへの訪問など、一連の手順をガイドします。

これがスクリーンショットです:

その他の方法。 Googleは、Google Search Consoleのドメインを確認する他のいくつかの方法をここに文書化しています

売り上げアップするならホームページ制作で長崎市

同様の動き。 Bingは、数週間前にDomain Connectを介しBing Webmasters Toolsの同様の検証方法のサポートを追加しました。

さらに、Bingでは、Google Search Consoleで確認済みのサイトをBing Webmaster Toolsにインポートできるようになりました

なぜ私たちは気にしますか。 Google Search ConsoleまたはBing Webmaster ToolsでWebサイトを確認する方法を追加すると、SEO、Webマスター、およびサイト所有者は、GoogleおよびBingの検索結果でWebサイトの状態を把握できます。コミュニケーション、デバッグ、レポート作成、およびSEOが維持するWebサイトのために必要な毎日のタスクに役立ちます。


著者について

Barry Schwartzは、検索エンジンランドのニュースエディターであり、ニューヨークに拠点を置くWebコンサルティング会社RustyBrickを所有しています。また、SEMトピックに関する人気のある検索ブログであるSearch Engine Roundtableも運営しています。